思春期


大人ニキビとみなす年齢について

思春期 大人ニキビとみなすべき年齢は、思春期を過ぎたあたりからと考えるのが適切です。生理的現象として皮脂の分泌量が過多の状態である思春期とは違い、生活環境や自分を取り巻く環境が影響するのが大人ニキビなのです。

健やかな生活を送っているように見えても、外的要因で大人ニキビができてしまうことがあります。大きく関与するのがストレスです。仕事や育児など、多くの場面でストレスが加わります。目に見えないものであっても体の反応としてストレスの反動が出現し、大人ニキビも代表的なストレスによる現象として考えられています。

大人ニキビの年齢を分けるというよりは、発生部位によって思春期ニキビか大人ニキビかを分類するのが適切かもしれません。思春期ニキビはTゾーンに多く発生し、大人ニキビはUゾーンに多く発生します。この違いを知っているだけでも、大人ニキビか否かの判断ができるでしょう。

ホルモンバランスが肌に影響を与えるということを知ったうえで、できてしまったニキビを丁寧に対応することが、美しい肌を手に入れるためには必要です。洗顔や保湿ケアなど、スキンケアに気を使うことでも、肌の衛生環境を保つことができるのです。それが、根本的なケアにも繋がります。

Copyright(c) 肌の状態から大人ニキビを解消する All Rights Reserved.